スウェーデンハウス 関西支店 カタログ請求 情報誌無料プレゼント

オーナーズボイス

広い庭、明るいキッチンがお気に入り。メンテナンスまでもが楽しい、快適な暮らし。

滋賀県守山市 Hさま宅

まるで外国映画から切り取ったようなH邸外観。
オーナー様の声
「住み替えて1年半になりますが、快適に過ごしています。たとえば、前の住まいのように、ドアをあけて「さむっ」というのがないんです。家の移動のときに肩をすくめて歩くことがなくなりました。両親も遊びにきてくれると「ここはあったかいなぁ」といっています。オール電化にしたこともあり、マンション住まいの時の倍の広さになったのに、光熱費は同じです。シンプルな間取りと24時間換気のおかげで、掃除も楽になりました。
 先日夏至祭に参加して、ご近所のオーナーさんとも知り合いになりました。これからのお付き合いが楽しみです」
緑あふれる憧れのオープン外構
「わー、素敵!」。滋賀県守山市内、国道から1本入ったところに立地するH邸の一角が目に飛び込んできたとたん、歓声をあげてしまいました。子どもの頃にドキドキしながら読んだ、外国の物語の家がそのまま目の前にある!
遊び心のある玄関アプローチのデザイン、芝生の緑がまぶしい広々とした庭。ブランコに、すべり台。そばには庭の造作に見事にマッチした三角屋根の家。柵などの囲いを作らず、植栽で仕切ったオープン外構だからこその、伸びやかで心弾む空間です。 「庭のデザインは外構業者の方にお任せしましたが、子どもたちが喜ぶかなあと思っています」という奥さま。来年1年生になるお姉ちゃんと1歳の妹、二人のお嬢さんの遊び場はもっぱらこの庭。「そういえば、公園にいったことがないですね」。お子さんたちにとってもこれ以上の場所はないでしょう。
スウェーデンヒルズをお手本に

2階には、お子さんたちの部屋がそれぞれ準備されている。こちらは上のお嬢さんの部屋。

ご夫妻がスウェーデンハウスを知ったのは大津にある展示場。マンションから一戸建を建てるにあたってのモデルハウスめぐりがきっかけです。「窓枠が可愛かったのと、床のパイン材の足ざわりがよかったですね」とご主人。奥さまも木製の自然な雰囲気が気に入り、ご夫婦の意見が一致。ここで家を、と決めてからは北海道のスウェーデンヒルズも見学に行かれたといいます。「街の統一感があって、すごく素敵でした。自分たちの家づくりの参考にもなりました」。 三角の屋根、リビングの開放感を演出する斜天井……スウェーデンヒルズの洗練された住まい方が、Hさんのお宅にも投影されています。

2階のファミリールームをご主人の書斎コーナーに。目の前にリビングの勾配天井が見え、雰囲気のよい大人の空間。
みんなで料理を楽しめる、こだわりのキッチン

ホームパーティーにも大活躍のアイランドキッチン。

お友だちを招いてホームパーティーをすることが多いというHさんご一家。パーティーで大活躍する、シンク側も調理台も白で統一されたアイランド型キッチンは、奥さまこだわりの仕様です。なかでも白タイル仕上げの調理台は、まるでキッチンスタジオのような華やかさ。「コンセプトは、『みんなが手伝いたくなるキッチン』です」と微笑む奥さま。確かに、このキッチンの開放感は思わず台所に立ちたくなってしまいそう。
 今ではご主人も料理に挑戦。生地から作るお手製のピザは、パーティーでも大人気です。その時は、上のお嬢さんが野菜やウインナを切るお手伝いしてくれるとか。「このキッチンにしてからよくお手伝いをしてくれるようになりました」。数年後には親子でお菓子作りをするのが楽しみという奥さまです。
手を入れていく楽しみのある家

ゆったりとくつろげるよう広めにつくった寝室。壁の一面のみ深いブルーにしたことで部屋全体を引き締めている。

スウェーデンハウスの良さは、なんといっても自然な木がもたらす「呼吸する家」であること。生きている家で快適に暮らすためには、定期的な手入れも必要になってきます。H家では、ご主人がメンテナンスを担当。
「この間もサンデッキを塗ったところなんです」。広いサンデッキ、ご主人お一人で大変だったのでは?「それが結構楽しいんです。木製ですから、自分たちの手でできるというのがいいですね。次はこうしよう、とかあれこれ考えながらやっています」。
手塩にかけて育てると、家もそれにこたえてくれる。子育てとも共通する楽しみかもしれません。